Hファクター診療報酬債権ファクタリング

Hファクターのファクタリングは診療報酬債権を最短入金!手数料安い

Hファクターのファクタリングとは、医療施設や介護施設などが国保連(社会保険診療報酬支払基金・国民健康保険団体連合会など)にレセプト請求する債権を買取り、すぐに現金化し入金するサービスです。
あくまで病院の医療債権を買取る、債権譲渡サービスのため融資ではないため、担保なども必要ありません。

病院を経営しているのであればもうご存知だと思いますが、国保連に請求しても点数を引かれ、さらに入金されるまで時間がかかりますよね。

売上がある病院でも入金が遅くなると黒字倒産してしまう恐れも出てくるため、黒字倒産を防ぐためにファクタリングという、診療報酬債権を買取りし現金化することを国も認可しています。

 

ファクタリングとは

一般的にファクタリングとは、仕事をしたけど未回収になっている売掛金を、会社の代わりにファクタリング会社が売掛金を買取りし、手数料を差し引いた金額をお客様に早期入金するサービスです。

一般企業の場合は、仕事を依頼してきた売掛金を入金する予定の依頼企業。
病院の場合は、診療報酬を請求している社会保険診療報酬支払基金・国民健康保険団体連合会。
になります。

ファクタリングを利用する場合、手数料を差し引かれますが、すぐに入金されるので売掛金を早期に回収したい会社では利用されています。

ファクタリングには、二社間・三社間という取引があり、先方の会社に知られずに行うのが二社間ファクタリングと呼ばれ、先方に伝えてファクタリング会社に依頼するのが三社間ファクタリングと呼ばれています。

 

 

Hファクターのファクタリング

ファクタリング会社は、たくさんありますが業態が異なります。

Hファクターは、病院・歯科医などの医療施設、介護施設を専門としたファクタリング会社です。

他社のファクタリング会社は、建設業や買掛金がある一般業種にサービスを提供しています。

一般業種を取り扱っているファクタリング会社の場合、買取した債権を回収できずに倒産するケースもあり、その補填として手数料が高く設定されていることがほとんどです。

手数料が1%だと書かれていても、実際は10~12%以上、場合によっては15%の手数料をファクタリング会社が徴収します。

一方、Hファクターは、医療施設がレセプト請求した国保連より売掛金を回収するため安定した病院経営ができます。

また手数料も3%~という良心的な設定でファクタリングサービスを提供しています。

 

ファクタリングと銀行融資のメリットとデメリット

ファクタリングと銀行の融資の違いがよくわからないという方のために簡単に解説します。

銀行で融資を受ける場合は「保証人」や「担保」などを要求されます。
また審査を受けて融資許可の判断まで数日~約1ヶ月以上の日数がかかります。
これは病院運営でのデメリットになりオススメしません。

病院や介護施設では必ず国保連にレセプト請求すると思います。
請求してから約2ヶ月後に入る、診療 報酬が最短の早期入金してもらうのがファクタリングです。

保証人も担保も個人審査もないため病院にとってはメリットになります。
理由は、本来、病院が受け取る債権を譲渡し、ファクタリング会社が買取ります。
そのため審査も早く、買取りした債権二か月分をすぐに入金が可能になります。

ファクタリングを利用している病院では経営がとても楽になります。
現在は病院や介護施設でこのファクタリングが注目を浴びています。

 

診療報酬債権をファクタリング利用施設

ファクタリングを利用している施設は下記になります。

・診療報酬債権が300万円~1億円以上金額がある病院
・介護老人福祉施設
・介護老人保健施設
・介護・高齢者福祉施設
・介護療養型医療施設
・自立支援医療施設
・歯科医院
・レセプト請求している医療機関や施設

 

ファクタリング診療報酬は最短入金

病院や介護施設にとって、資金運用は非常に重要です。
特に国保連に請求した診療報酬債権は、できることなら早く入金してほしいですよね。

Hファクターが診療報酬債権を買い取るファクタリングでは、二か月分債権の入金が最短3日です。
平日の月曜日に依頼すると、週末までには診療報酬債権を買取り入金されます。

必要に迫られてファクタリングする病院も多いですが、計画的にHファクターのファクタリングを利用して、運転資金にしている医院もあります。

医療器具などの故障や高額な金額の設備導入、また個人でどうしても必要な資金に回したいという病院経営者にできるだけ早く入金できる仕組みがあるのがHファクターの特徴でもあります。

 

ファクタリング手数料はいくら?

インターネットを見ているとファクタリング手数料が1%以下で出ている広告がありますがリスクも伴います。
ある病院ではファクタリングの手数料が安いにつられて申込みしたが手数料が1%ではなく17%で契約を迫られたという話もあるぐらいなので、あまりにも安すぎる手数料には気を付けた方が良いです。

Hファクターのファクタリング手数料は、診療報酬債権の3%~になっています。
診療報酬債権の金額やかんたんな審査で手数料が決まり、確認してからお互いが了承したのち買取りします。

病院や医療側も納得したファクタリング契約を結んでいますので安心ください。

 

Hファクターのファクタリングの申込

当サイトは、Hファクターを個人的に調べて情報だけを提供してるサイトになります。
よって最新情報は、Hファクターのオフィシャルサイトで確認してください。

またこの場合はどうなるの?という疑問などは、Hファクター様に直接お聞きしていただけますようお願いいたします。

とても親切なスタッフさんが対応してくれますので、気軽になんでも相談できると思います。

 

 

 

更新日:

Copyright© Hファクターのファクタリングは診療報酬債権を最短入金!手数料安い , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.