Hファクター診療報酬債権ファクタリング

Hファクターのファクタリングは診療報酬債権を最短入金!手数料安い

ファクタリング

診療報酬債権流動化について

投稿日:

診療報酬債権とは

診療報酬債権は、病院や介護施設が審査支払機関である「国民健康保険団体連合会」又は「社会保険診療報酬支払基金」に対して、売掛金である保険診療報酬を請求することです。

患者は保険証をもって病院にいきます。

患者が払うのは10割のうちの3割負担です。
病院は残りの7割を保険機関から支払われることになります。

病院や介護施設は月末までに保険機関に請求金額を計算し、翌月10日までに提出をしなければなりません。

しかし実際、保険機関から病院に対して保険請求金が支払われるのは2ヶ月後です。

病院や介護施設ではこのタイムラグが経営的に圧迫しているのです。
2ヶ月後に支払われるという流れは、どこの施設も同じで変更はできません。

そのため手元にキャッシュがない病院や介護施設では、社員の給与や取引先の製薬会社に支払う費用など、急用な出費を診療報酬債権で資金調達している場合が増えています。

この診療債権をつかった資金調達をファクタリングと呼んでいます。

 

ちなみに、患者は病院で2つの診療があります。

保険診療と自由診療です。

保険診療・・・保険を使った診療のこと
自由診療・・・保険なしで100%支払いの診療

病院や介護施設側にすると、確実に当日回収できる自由診療が良いのですが、患者は高い診察料を支払わなければならないため、やはり保険を使った診療が多いのが実情です。

 

ファクタリングと銀行融資の違い

ファクタリング

・担保も保証人も不要(診療報酬が担保となるため)
・早期で容易に資金調達が可能となる
・手数料が銀行に比べて高いが点数を引かれることを考えると同じ

 

銀行融資

・保証人及び担保を要求される
・金利は安いが審査が厳しい
・追加融資を受けたくても現状は厳しい

 

 

それでは次に、診療報酬債権流動化についてみていきましょう。

 

診療報酬債権流動化について

診療報酬債権流動化とは、保険機関から支払われる債権入金を早めることを指します。

社会保険診療報酬支払基金や国民健康保険連合会に、請求をしても振り込まれるまで2~3ヶ月という長ーい期間を待たないといけません。

その長い期間を縮めることができるのがファクタリングです。

ファクタリングには、債券買取りする会社ではなく、特定目的会社(SPC)一般社団法人が集めた投資家に出資してもらうモノもありますが、数年前に問題が勃発しました。

現在は医療専門のファクタリング会社が「安全」で「安心」して利用できるようになっています。

医療専門ファクタリング会社で有名なのがH・ファクター株式会社で、全国各地の病院や介護施設でファクタリングを提供しており定評があります。

 

診療報酬債権流動化の具体的な流れ

 

 

1、病院は医療専門ファクタリング会社であるH・ファクターと契約します。

2、H・ファクターは、国保連や社保などの保険期間へ債権を買取した旨を伝え、入金先をファクタリング会社に変更します。

3、H・ファクターは、買取りした診療報酬債権を医院に振込します。

 

コレが診療報酬債権入金までの一連の流れになります。

 

診療報酬債権流動化するなら専門会社が安心

特定目的会社(SPC)よりも、医療専門ファクタリング専門会社に依頼するほうが安心です。

 

日常生活において、違いをたとえるなら・・・

特定目的会社(SPC)・・・50年前のいつ壊れてもおかしくない列車
医療専門ファクタリング会社・・・最新設備が整った列車

 

医療専門ファクタリング会社は、専門というだけに病院・歯科医院や介護施設、ディサービスの施設だけを対応しておりますので、わからないことは何でも相談できます。

またファクタリング会社への出資も金融機関が行っておりますので、診療報酬債権の買取金額も数十億で、銀行融資では考えられないほど、スピード入金が可能です。

審査期間が短く、資金調達したお金の使い道・用途も自由です。

H・ファクター株式会社では、大口案件のファクタリングの手数料は1%を切るのでかなりお得で使いやすいため、多くの医院や介護施設で利用されています。

 

 

 

-ファクタリング

Copyright© Hファクターのファクタリングは診療報酬債権を最短入金!手数料安い , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.